自律神経失調症に効果的な対策|クリニック選びで体調改善

看護師

透析の現実

ナース

腎臓病や糖尿病の患者が行なう人工透析は、本来肝臓で行われる血液の浄化を機機械にかわりに行わせるもので、基本的に一生行う必要があります。またこの治療は時間も掛かるため送迎が必要です。

More...

身体症状も出る

ドクター

慢性疲労症候群ではリンパの肥大も確認されるので、なにも実態のない病気が慢性的に続いているというわけではないのです。非薬理療法も今は注目されているので、病院をチェックしてみるといいです。

More...

ストレスが原因

病院

自律神経失調症にはいろんな症状があるので、正直言ってどの科にかかった方がいいのか迷ってしまいます。そんなときは分かりやすい基準があるので知っておくと良いでしょう。自律神経失調症を診断してもらうために科を選びたいなら、今ある症状によって科を選ぶといいといわれています。動悸がみられるなら循環器科、吐き気があるなら内科などというような判断で大丈夫です。そして精神的な症状であるイライラや理由のない不安があれば精神科での治療が推奨されています。吐き気や動悸がどうしても内科の治療ではおさまらないとなれば、身体と心が密接に関わって症状がでる病気を診療している心療内科を受診するのもいいでしょう。検査のためにMRIやCTスキャンなどを行ないますので、なるべくなら大きな病院で診断を受けた方がいいでしょう。それ以外にも、自律神経失調症は統合医療や東洋医学で漢方での治療を行なっているところもあるので調べてみてください。

自律神経失調症の原因にはいくつかあるので、治療のためにはその原因を取り除くことも大切です。環境が変化したことで過度なストレスがかかると症状が悪化する場合もありますので、一度休養をとる必要がある人もいます。このストレスは精神だけでなく、交感神経と副交感神経という神経にも強い作用をもたらすのです。女性なら閉経前後に更年期障害の一つとして発症することも多いです。神経の乱れに関しては漢方もとても効果があるので、桂皮や四逆散などを用いて治療して改善する人もいます。薬ももちろん処方可能であり、多くの場合は自律神経調整薬や抗不安薬が使われます。

骨を調べる

カウンセリング

女性は骨粗鬆症になりやすいので、50代以降の年齢の女性ならすべての人が骨を調べるべきだといえます。治療のためにはまず検査をしますが、いろんな方法があるので一度調べてみてください。

More...